スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『上海タイフーン』レビュー 第五話

『上海タイフーン』
第5話「よみがえる女たち」

[あらすじ]

自分のやりたいことは上海ならではのファッションだと気づいた美鈴(木村多江)。
今上海でもっと頑張りたいんだという強い思いが友人たちをも動かし、新しいファッションを創り出すという目標に向かって始動する。
自分たちを守るために再開発の利権を手放した曹飛(ピーター・ホー)を信頼できるパートナーとして必要とし、彼もその思いに突き動かされ協力を申し出るのだった。
いよいよ自分たちの創作した服の試作品ができあがる。
大満足の仕上がりに、明日から上海中のデパートに売り込むぞと期待をかけ、夜の散歩を楽しむ美鈴と曹飛。
上海に来た当初は強気で自分勝手だった美鈴の成長を 温かく見守ってきた曹飛は・・・・・・・・
・・・え~~?! ついに

[みどころ]

オフィスを失った曹飛と、希望に満ちた再スタートを始める美鈴。
この回からふたりの状況と関係が変化していきます。初めは強がりばかり言っていた美鈴が素直に自分を見つめなおし成長していく過程を、こちらもまた素直にサポートしたいと申し出る曹飛。
そして美鈴の努力が形となって出来上がったその晩・・・・

・・・というシーンでしょ、やっぱ見どころは・・・!

私はこの5話の最後の最後のシーンを見るまでは、30代オンナ一人上海でどうなる?!というストーリーの面白さだけで見ていました。

そしてこの最後のシーンで・・・・

う~ん。
この俳優さん、なかなかいいかも?!

と思った次第であります。
もう少し正確に言うと、あの例のシーンというよりは、あの場面のピーターの立ち姿の美しさでしょうか。
夜の上海の街をポケットに手を突っ込みながら堂々と歩く姿のかっこよさ。余裕を感じさせるセリフまわし、美鈴を見つめるピーターの視線

それでもまだ、私がドツボにハマるのは次週まで持ち越しなのでした。
さて最終話は・・・?

JJ

tag : ピーター・ホー 上海タイフーン 何潤東

comment

Secret

No title

JJさん NPNLの皆さん こんばんわ!

上海タイフーン作品レビュー楽しく読ませていただいています。

JJさんは次回ですか~
私は、この第5話の最後の最後...4秒で完落ち!!!
1話~5話の最後位までは上海の町並みや美鈴の生き方に興味があり、曹飛は全く眼中になかったのですが...........
あの ラブシーンも最初は あっそうくるのね~とか うん.うん 手はそこだよね!と かなり冷静に観ていましたが...........

曹飛の最後のクローズアップ(特大)のシーン!
美鈴を抱きしめて........ほんの....すこ~し かすか~に(3cmくらいかな)顔を美鈴よせ......ゆっくりと、まばたきを1回.....かすかに微笑む......時間してたった4秒!(私にはスローモーションに観えたけど)
私はテレビに向かって ”うまい!!と 思わず叫んでいました
その瞬間...曹飛に心臓をわしずかみに.....完落ち!!!
曹飛の美鈴への思いが凝縮された名シーン........

停止、コマ送り...繰り返し、繰り返し何回も観ました
アップのシーンなので、ちょっと動いただけでオーバーになり.......
その微妙な、さじ加減が.....絶妙...!うまいな~♪
この、表現ができる俳優は私が知る限り、ピーターと あとⅠ人だけ.......その夜1話~5話通しで観ました

この俳優は、どこの国の誰?NHKに即TEL! えっ 台湾 ピーターホー.........?ここからピーター道に、はまりました~^^
今もBDにいれたままなのでホッとした時に観ています^^

それで気がついたのですが、曹飛の顔が上海撮影とスタジオ撮影で、微妙に違いますね、後でわかったのですが、上海は(07年)スタジオは(08ねん)  花屋での同じシーンで室内と屋外比べてみると、結構楽しめます 1話~6話まで、これ07、これ08ね、と、こんな観方で楽しんでいます~♪

上海タイフーン、私には忘れられない作品です
素敵なレビューありがとうございました~♪

今年もあと1日、皆様よいお年をお迎え下さいませ。
来年も、どうぞよろしくお願いします^^。







よろしくお願いします

aiさん

アツいコメント、ありがとうございます!
私も5話の最後までは曹飛には全く興味なく見てました~。なのでこの5話の最後のシーンはピーターにハマるきっかけ、でありました。
完落ちは6話でしたが、その後はこの5話、私も何度も見ましたよ~もちろん♪

オチてからはドキドキしながら何度もチェック(笑)。
私も最後の最後に微笑むシーン、大好き!です。

撮影中断前後では、曹飛のヘアスタイルが微妙に違いますね
07年がオデコ見せ、08年がちょっとふんわりした感じの髪型だったりするので面白いですよね。

新年からピーターの話ができて嬉しいです。
今年もどうぞよろしくお願いいたします!

JJ
Peter&AK 日本初ライブ!!
ピーターとAKが日本で初のSPECIAL LIVEを開催!

私たちファンが待ちに待った日本初ライブです♪
歌手としてのPeterとAKを思う存分楽しめるチャンス!
そして、日本初のLIVEのあとには、ファンと思う存分交流できるアフターパーティーも。

ピーター、AKからのメッセージ♪


『SPECIAL LIVE in JAPAN』&『PREMIUM AFTER PARTY』の詳細は Dorian SC Japan で。

ドラマ『三国志』
ピーター出演の中国ドラマ「三国志」
ドラマ 『泡沫之夏』
ピーター念願の初プロデュースドラマ。
バービィー・スー、黄暁明、ピーター主演の主演で、台湾・中国・香港で大好評です!


[預告]民視泡沫之夏@命運篇(長版)


泡沫之夏主題歌 我記得我愛過MV (歌:ピーター・ホー)

アジア・ポップス・フェスティバル
2010年2月14日に新潟で開催された「アジア・ポップス・フェスティバルin新潟」コンサートにピーターとAKが出演しました。
20100224011414dee.jpg

コンサートレポートはこちら。
ピーターへの 『愛情手冊』♪
2010年2月の「アジア・ポップス・フェスティバル」で来日したピーター。
私たちからの「愛情手冊」を渡しました。「ソフィーの復讐」の感想や映画やドラマの好きなシーン、ピーターに演じてほしい役などを、『ソフィの復讐』に出てくる思い出箱の坊やのメモのようにペタペタ貼って「愛情手冊」にまとめて渡しました。

詳細はこちらをご覧ください!
最新記事
最新コメント
カテゴリ
about us

NPNL

Author:NPNL
ピーター・ホーのファンによる
NPNLの会
(''No Peter, No life!!''の会)

皆さんご一緒に
ピーターを応援しませんか!

2009年9月のピーター来日にあわせ企画を計画しました。
「企画!」カテゴリの「プレゼント企画」をご覧ください♪

メールはこちら
nopeternolife@live.jp

プリクラ企画!!
2009年9月のピーターのバースディ来日。

日本で初めてバースディを迎えてくれるピーターに♪ ファンのみんなの愛がひとつになるプレゼント企画!
「ピーターをプリクラで埋め尽くそう♪」
を計画しました。

多くのファンの方々の気持ちがピーターに届いたと思います。 企画カテゴリの報告記事をご覧下さい。
about Peter
ピーター・ホー
(Peter Ho/何潤東)

1975年9月13日生まれ
俳優・歌手として中国・台湾を中心に活躍。日本においても以前から映画等に出演、08年にはNHK土曜ドラマ『上海タイフーン』 に主演。
デビュー10周年の一昨年は自らプロデュースするドラマ「泡沫之夏」制作、チャン・ツィイー製作映画「非常完美」(邦題:ソフィーの復讐)出演。
昨年は、呂布を演じた大陸ドラマ「三国」放映、「泡沫之夏」台湾・中国での放映開始、ニューアルバム「我記得我愛過」発売など・・・大活躍中♪


ニューアルバム『我記得我愛過』
2010年6月23日発売 32071_129470750416171_123606621002584_228450_1603505_n.jpg
AKも応援しています
Peterの弟分、AK。
Andy(陳奕)
Kris(沈建宏)
の2人によるユニット。
2月の「アジアポップスフェスティバルin新潟」出演に続き、5月15日に台湾で初ライブを成功させました。
ライブレポはこちら
57941_150213101676749_113086892056037_314577_500868_n.jpg
AK写真集
『AK東京線上(Tokyo On Line)』
リンク


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
携帯でもチェック!
QRコード
RSSリンクの表示
Attention
当ブログ内に掲載されているすべての文章及び画像の、執筆者及び撮影者以外の無断転載・転用を禁止します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。