スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AK in Malaysia

今回のコンサートのチケットをとってくれるとわざわざ声をかけてくれたのはAKのマレーシア後援会の女の子でした。

お言葉に甘えてチケットをお願いしたところ、翌日ファンミがあるというので、そちらにもお邪魔させてもらうことに。

今回はコンサート~ファンミ~サイン会の様子を簡単にご紹介します。


Peterのあと2組ぐらいはさんでからでしょうか。
今度はAKの登場です。

AKはWOWを歌いながら登場
カメラで彼らを追いますが、動きが速くてなかなかカメラがついていきません。
あれ、マイクの調子がおかしい??
え~かわいそう。
がんばれ~
a001_20101227194555.jpgk001_20101227194555.jpg



『Wow』『宅急變』2曲続けてアップテンポな曲が披露され、
少しだけトークをはさんで『一秒鐘』をしっとり歌いました。

実は私たちはPeterファンたちとまとまって立っていて、
AKファンたちとは少し離れたところにいました。
AKファンの子が気を利かせてくれて
『私たちとは明日(ファンミ)があるから今日はピーターファンと一緒にすごす?』と言ってくれたのです。

だから最前列近くにいけたというのもあるのですが、
『一秒鐘』の歌いだしのときにAndyが私たちのJAPANボードに気づいてくれて
Krisにも教えてくれました。

夜な夜な工作した甲斐があったというものです。
ちょうどその瞬間の写真をntv7さんがアップしてくれたのでご紹介。
日本的朋友至福的瞬間


うれしいですね~~

私はこれで完全に燃え尽きてしまいました。
燃え尽きて大失敗・・・

なんとこの3曲で1度下がったAKでしたが、あとでマレーシアで人気の男性ユニットTJ(東于哲)のときに登場し一緒に5月のライブでも歌った『SuperGirl』を披露していたのです・・・

あとになってこのことを知って、本当にAKごめんなさい!!という気持ちでした。
異国の地ということもありましたけど、リサーチ不足だったかな・・・反省です。

でもそのときはそんなこと知らなかったので大満足!!で会場を後にし(笑)

翌日を迎えました。

翌日のファンミーティングの会場はやや中心部より離れたところでした。
交通手段のないメンバーのためにバスを仕立ててあって、私たちもバスに乗って移動するように手配してくれました。

会場は『FULL HOUSE』というイベントスペースを兼ねたレストランで、
そこだけ真っ白、メルヘンチックな建物でした。

ファンミーティングは後援会のスタッフが企画・運営する、とてもアットホームな和やかで楽しい雰囲気のパーティでした。

AKとランチをしながらおしゃべりをしたり、ゲームコーナーではしりとりゲーム、連想ゲームで盛り上がり、チェキでツーショット撮影会など。そんな手作りパーティでした。
ak001.jpg


そのあとはまたバスで移動して別のショッピングモールのイベントスペースでミニライブ&サイン会です。

ak002.jpg

ミニライブではお決まりのポスター投げもありましたが、私には運動神経がなく・・・(泣)何度もチャンスをもらったのにすべて叩き落としてしまいました。(私の足元にスタンバイしていればポスターを拾える確率大!でしょう!!)

そしてサイン会では写真集にサインしてもらったり、プレゼントを渡しがてらお話したり・・・そうやってあっという間にAKとの時間も終わってしまいました。

こういうイベントの合間合間にマレーシアのファンの子に名刺を渡したり、コンサートの写真を見せたりしてちょこっちょこっと交流。でも、彼女たちも私たちもですが、もっとしゃべりたいけど、言葉が出ず、目が合うとにっこり笑って『お友達になりたいわ』オーラを放ちあう・・・そんなもどかしい交流でした。
しかしその架け橋として少なからず活躍していたのがJJ坊やです。大人気でひっぱりだこでしたから、坊やをきっかけにちょこっとでもおしゃべりができるとお互い嬉しいし、ハンドルネームを教えあうきっかけにもなりました。

帰国後もたくさんの子たちからメッセージをもらっています。
PeterとAKのおかげで、友達の輪はますます拡大中!

この日の晩の夜行便で帰るという2泊4日の強行軍はさすがに堪えましたが、たくさんのPeter fans、AK fansのおかげでとても満足な2日間になりました。

NPNL YUKO

スポンサーサイト

tag : AK 沈建宏 陳奕 何潤東

AKパーティーレポート

みなさんこんにちは
今日は、先日のAKバースデーパーティに参加された、さかきさんからレポートをいただきましたのでご紹介したいと思います。


                   

10月16日台北で行われたAKの生日會に参加してきました。

今回、ハロウィンも兼ねていたのでみんな思い思いに仮装していたのですが、気合いの入り方がスゴい!AKの気に入った人には特典付きだったからでしょうか…
私もやればよかったかな~(笑)

まずはそんな彼ら彼女らと一緒にメディア取材。その後AKだけで撮影だったのですが、ドラキュラのクリスは、何回もジャンプさせられて大変そうでした(汗)

会場に戻って、ケーキカット。何を願ったのでしょうかね!話に夢中でロウソクが消えそうになり、慌てて吹き消すアンディの姿はいつかのピーターのよう(笑)

その後、みんなからのお祝いのメッセージビデオが流され、9月の遠足の時に撮った私達日本的朋友のメッセージも入っていました!

それから、一人づつ自己紹介タイムがあり、誕生日プレゼントを渡し、3ショット写真を撮り…と、あっという間に時間は過ぎていきました。

日本のファンからということで二人に贈ったチョコレートブーケは、結局ファンのみんなには行き渡らなかったけど、本人達は喜んでいたということで…参加された皆様にはお許しを(汗)

総勢30数名(多分)。友達同士のパーティーという感じで、ピーターとはまた一味違う近さを感じられてよかったです。

参加のお誘いから約1週間しかなかったので迷ったのですが、人間死ぬ時に一番後悔するのは、『逢いたい人に逢わなかった』と『行きたい所に行かなかった』だそうなので、今回は浮かばれるかな…と(笑)

次もまた行けますように☆

ファイル00840001


レポート:さかきさん


                   

さかきさん、貴重なレポートありがとうございました!今回は日本からの参加者は3名ということでしたが、自己紹介までできたのですね。うらやましいです!!

AKバースデーパーティ『萬獣之首生日会』

こんにちは

10月16日はAKでがんばっているAndy(陳奕)の24歳のBirthdayでした。

Happy Birthday Andy!!!

そしてその日台北では11月に18歳の誕生日を迎えるKris(沈建宏)の分も一緒に
2人のバースデーパーティが開催されました。

しかもテーマはハロウィーン!『萬獣之首生日会』
『鬼』の仮装で参加してベスト5に選ばれたfansは夕食にご招待とありました。

いいですね~~!!

いったいどんな『かっこいい鬼』『かわいい鬼』はたまた『セクシーな鬼』!?が集まったことでしょう!!

AKのFacebookより画像をいくつかご紹介します。

akbd.jpg
66906_1200116139510_1726747151_412628_2199283_n[1]

http://www.facebook.com/ak.fans
Facebookについては後日またご紹介したいと思います。



そのAKは先日写真集を出版しました。
タイトルは『AK東京線上(Tokyo On Line)』です。
57941_150213101676749_113086892056037_314577_500868_n.jpg


AKとして私たちの前に始めて登場した昨年(2009年)の9月ピーターのバーベキュー&バースデーパーティの際の来日時に撮影したもののようです。

私は早速購入して見ましたが、その写真はAKとして活動を始める前のもの。

なので、その後テレビ番組にたくさん出たり、ライブを繰り返したりして、ぐっと成長した今に比べると、ちょっと幼いようにも見えます・・・

それだけこの1年の成長が大きかったということにもなるのではないでしょうか。

私は写真を見るだけなのですが・・・
この写真集にはたくさんのエッセイも載っており
AndyやKrisの子供時代のエピソードなども載っているそうです。

ちなみに撮影ルートは
浅草・水上バス・お台場・東京タワー・渋谷センター街・・・
どこかで見たことのあるルートですね。

写真集には、撮影中に偶然水上バスに乗り合わせた社会科見学の小学生たちや
お台場でお散歩中に出会った大きなワンちゃんも載っています。

ママたち、写真集に自分の子供が載っているのを見たらびっくりするでしょうね。

AKも早くまた日本で笑顔をみせてくれないかしら??


NPNL YUKO

『AK WOW!!演唱会』 打ち上げ編

コンサートが終った後、そのまま近くの会場での打ち上げに日本からのファンは招待されていました。

集合時間までの間、LUXY横のスタバで一休みしていたら、
お見かけしたことのある方たち・・・

箱根のイベントや新潟のイベントにも取材にいらしていた
『アジアンウェーブ』の記者さんと、携帯サイトの『我愛華流スター』の記者さんでした。
記者さんたちも打ち上げと翌日の遠足(笑)に行かれるとのことで、雑誌の発売がたのしみ!!なところですが、AKだけではまだまだあまり紙面を割かせてもらえないので、ファンの皆さんからのリクエストの声が大切なんです!!とのことでした。

もうすぐアンケートハガキの締め切り時期ではなかったでしょうか??
春号のリクエストハガキにピーターの名前とともにAKのことも書いて応援したいです!


LUXYから10分弱歩いたところの会場はこのお店。『生猛海鮮・快炒100』が名前かと思ったらどうやら『鮮納肚』がお店の名前でしょうか。地元の居酒屋のようなお店です。

うちあげ1


たくさんのお料理とビールやジュースで楽しいお食事会でした。
お食事はつぎつぎ運ばれ盛りだくさん。
お刺身・お魚・お肉・海老・などなどなど。

参加していたのは、バックバンドやダンサーのみなさんとスタッフ。あと台湾のファンはどうやら後援会の役員か何かをやっているような子数名と日本からのファンたちと記者さんたちでした。
遠くから来てくれたと、ベンさんはじめ事務所のスタッフさんたちは日本からのファンたちにとても気を使ってくれていたように思いました。

盛り上がったところで、ベンさんが1000元出してウォーター君にイッキしろ~!と言ってみたり、渋っていると2000元に増えて、すると他のバックバンドのメンバーたちが『じゃあ俺が俺が』みたいに手をあげたり。本当にみんなノリがよくてコンサートの達成感とともに充実した顔で楽しく盛り上がっていました。

うちあげ2 AK-8-Pika.jpg


食事もひと段落したところで、日本のファンたちと記念撮影&お土産タイム。

彼らはひとりひとりきちんとプレゼントを受け取ってお話を聞いてくれていました。

コンサートのあとのお疲れタイムにどうもありがとう~~

9時半ごろだったでしょうか。AKも引き上げ、私たちもお開きになりました。

AKもスタッフもファンのみんなもとても楽しい時間をすごすことができたように思います。

このような席によんでいただけて、感謝してもしきれません!

『AK WOW!! 演唱会』報告 ライブ編

みなさんこんにちは
一気に暑くなりましたね。
日本も暑くなりましたが、台湾はもっと、そしてLUXYはもっともっと暑く盛り上がりましたよ!

5月15日~16日とAK三昧の2日間をすごしてまいりました。
簡単に2日間の様子をご報告したいと思います。

まず順番は前後しますが、お預かりしたAKへのお手紙は打ち上げの際に手渡ししてまいりました。
そのときに、前回のお手紙をブログに乗せてくれたことにお礼も伝えました。今回もまたえまりんさんがかわいい封筒を描いてくださったので2人にもすぐにわかったようでした。
y-akwow004-ema

えまりんさんいつもありがとうございます。
そしてAKに応援メッセージを寄せてくださったみなさん
ご参加ありがとうございました。


2010年5月15日。
ライブは忠孝敦化駅をでてすぐのところにあるLUXYというクラブが会場でした。

2時に行ったときにはもうずいぶんファンの方たちが並んでいました。
台湾のファン、タイから来たファン、香港からのファン、マレーシアからのファンもいたそうです。
そして私たち日本からは16名が応援に集まりました。

LUXYの外で待っているとき、ピーターが通りました。
忙しかったようで、日本からのファンに気づいたのかどうかはわかりませんが、私たちは小さくきゃぁ~~と喜びを隠せませんでした。

会場ではヤンハンも見かけました。
ちょっとお兄さんのヤンハンのAKを見守る視線はとても優しいまなざしでしたよ。

会場は昔のディスコ(笑)のように、壁にそってソファー席があったり、2階から眺められたり。
私は最初、よく見えるようにと階段の途中から眺めていたのですが・・・

最後の最後には前から2列目あたりで応援していました(笑)

最初に赤い衣装で出てきたAK、WOWを歌いダンスも激しかったのですが、衣装の上にさらにはいていたビニールのパンツ(MVにもあるビニールの雨かっぱのようなパンツ)がどんどん破けていくのが遠くからもわかりました。
そして上着を脱いだり、一度下がって着替えたりと、5つぐらい衣装があったでしょうか。
y-akwow001 AK-5-Pika.jpg

y-akwow002 y-akwow003

AK-3-Pika-edited AK-6-Pika-edited



WOWをはじめ、アルバムの曲を一通り。それと台湾のロックバンド五月天の『離開地球表面』飛輪海の『我有我的young』F4の『流星雨』などをつぎつぎと歌い、他にkinki kidsの『ボクの背中には羽根がある』や、韓国のSuper Jr.の『Super Girl』など、年代も国籍もさまざまな歌を歌っていきました。

終盤になり、感謝の言葉を述べはじめると彼らの目に光るものが・・・
見るとベンさんも・・・

思えば『事務所の後輩です』とピーターが3人を連れてきたのが去年の2月のファンミーティングでした。
それから半年後にAKとして初お披露目のHelpをバーベキュー会場で歌ってくれて、その半年後には新潟で立派に歌い、そして今回のコンサート。

すばらしい成長ですね。経験があった2人とはいえ、この1年間の努力と忙しさは大変だったことでしょう。そんな思いが彼らの汗と涙になって。でも2人ともとても充実してステキな笑顔を見せてくれました。

私自身、台北までコンサートに行くなんて初めての体験でしたが、
行って本当に良かったです。

記念すべき彼らの初コンサートは大成功に終わりました!!

AK热唱 陈奕、沈建宏被拱男男吻(2010年05月16日 联合报)
(動画付の記事です)


tag : AK

AK ロケ編

まさにライブは陣中見舞いという感じで少しになってしまいましたが
夜九時からロケが行われると聞いていた『ラオフー街夜市』に行きました。

『ラオフー街夜市』は地元の方たちに人気の夜市と聞いていたのでロケがなくても行きたい場所でした。

ロケは9時からと聞いていたのですが思った場所にいません。
でも、AKの電光掲示板を持った若い女の子が何人かいます。

しかし声をかける勇気もなくちょっと夜市をふらふらすることに。

狭いところにすごい人!!

そろそろ戻ってみよう、と入り口に戻ると
ライトがあってロケの準備をしています。
するとそこへ、AKがやってきて、きゃぁ~~と女の子たち。
約30分遅れでロケのスタートです。

ロケをした番組は『台湾真好康』という番組だそうです。

MCのようなおじさんとお姉さん、女性ゲストが2人、男性ゲスト2人=AK

アンディがドラをならしてはじまりました。
AK005

言葉がわからないのでなんとも・・・なのですが
同じく言葉がわからない息子が言うには
お題があってどちらが先にお題をクリアできるかっていうことだったようです。
どうやら、AKは夜市の中で7つの名物を食べてスタート地点に戻る、ということかな?

日曜日の夜、人でいっぱいの夜市をだだーーーっと走って
次々と麺類や胡椒餅などいろんなものを食べていく様子を撮影していました。

あの狭さと人ごみの中でよくこんなロケができると驚きました。

2人とも汗だくでがんばっていましたよ~!
AK006


私は途中もう見失ったかと思ったのですが、しばらく歩いていくとまた座って食べていて追いついたり。
途中ファンの子にあーーんさせたり、その辺ののりのよさはアニキ譲り!?
ファンの子達も一緒にだーーーーっと走っていましたが、暮れのアメヨコのような大賑わいの夜市の中をよくあれだけ走ったりできるなあ~と思いました。

ファンの子達はポスターや電飾ボードをAKの後ろに上げて、ちょうど番組の背景になるように壁を作っていました。移動したらまた一緒に移動して後ろにスタンバイ。愛です
AK008

2人はまさか私たちがそこにも現れるとは思ってなかったのか
また『わ~お』と手を振ってくれました♪

今度はアンディ『こんばんは~』と正しく言ってました(笑

でもそのたびに女の子たちの視線がいたい・・・(泣

そりゃそうよね・・・ごめんねぇ~~

・・・でもいつも現れるわけじゃないから許してね。

結局最後は本当に見失って、最後までは見届けられなかったけれど、
なかなか普通に観光で台湾に行くのではできない面白い体験をすることができました。

そうそう・・・昼間にウォーター君が言っていた言葉の意味ですが・・・
ロケについてまわっていると結果的に夜市を一緒に行ったり来たり、ということになっていました。
そういうことだったのですね。
おかげで夜市のことずいぶん詳しくなりました~~

色々教えてくれた、お友達と、ウォーター君、Benさんに多謝!!


・・・以上、4月30日のCD発売・5月15日の台北LUXYでのコンサートに向けて宣伝活動を精力的にこなすAKを一足お先に応援してきた様子をお伝えしました。
新潟のアジアポップスフェスティバルで大きく成長した姿を見せてくれた彼ら。
ますます成長と成功を収めて欲しいと思いました。
すっかり気持ちは母目線です・・・(あ、お姉さんぐらいにしてもらえるかな・・・???ダメ?)


YUKO

tag : AK 陳奕 沈建宏 アジアポップスフェスティバル

AKに会ってきました♪

しばらくご無沙汰してしまい申し訳ありませんでした。
すっかり桜も満開だというのに、まだまだ寒いですね。
みなさん体調は崩していらっしゃいませんか?

Dorian SC JapanさんからAKコンサートの概要が発表されましたね。
実は私、一足お先にデビューに向けてがんばっているAKの様子を見てきました!

私は春休みの息子たちと3月27日から30日まで台湾に行きましたが、ちょうど宣伝活動が始まったAKの路上ライブがこの週末にもないかと台湾在住の友達に調べてもらったところ、日曜日に路上ライブをやるということだったので、観光の途中に覗いてきたのです。

滞在中の台湾は曇りの日は少し肌寒かったのですが、サマーセーターに薄手の上着でちょうどよく、晴れの日は息子たちは動き回っているときは半そでで大丈夫だけど、乗り物や建物の中では上着をはおる、といった具合だったでしょうか。ちょうど日本の5月から初夏の陽気だったと思います。

市政府駅近くの新光三越A9ーA11の間の通路には、週末にはたくさんのアーティストが集まってるようです。

その通路の一番ニューヨークニューヨーク側の多分一番いい場所で、AKは路上ライブをしていました。

クリス、髪が紫になってる!
アンディ、痩せた?ほっぺがこけてる…

AK001


私はフリータイムのツアーで行ったのですが、この日の夜ご飯だけ特典として付いていたので、最初から時間いっぱい見れないのはわかっていたのですが、ここにたどり着く前に他の三越と勘違いしてそちらに行ってしまったりと、
ロスタイム・・・ほんとに少ししか見れませんでした。

でも、AKの周りはやっぱりすごい人だかり!

老若男女・地元民から観光客までたくさんいました。

AKの後ろの方に、マネージャーのウォーターくんと社長のBenさんが見えたので手を振ったら気づいてくれました。


私はAKが載っていたエーブルームとアジアンウェーブをお土産に持って行ったので、渡したらBenさん大喜び。
AKにあげてよ、ちゃんと、って言いそうになってしまいました(笑)

そしたらライブの最中なのに2人に雑誌見せに行っちゃって
その時アンディが、私を見て、でっかいお目目をさらにまん丸くして、
『わぁオヒサシブリ~オハヨーゴザイマス~』と手を振ってくれました。
でも『こんにちは~』とさりげなく訂正する私(笑)
『ぁ、コンニチハ~』とすぐに言い直したアンディ、かわいい♪

『日本から朋友が来てくれたよ~』と紹介されてしまい、
てへてへとニコニコするしかない私
じろじろ見られるし間が持たず(笑)横の子どもたちを
『うぉだはいず~』と紹介すると

『わぁ~小朋友もうんちゃらかんちゃら・・・』ってクリスがなにか言ってたけど、
小朋友っていうにはでかい我が子2人(笑)
2人もてへてへと会釈


その後ウォーターくん、Benさんとちょこっと話して、夜の夜市のロケの場所と時間を教えてもらいました。
ウォーターくんが一緒に夜市行ったりきたりしましょう~というので
そんなことできるの?
と思ったのですが、その意味はあとでわかりました(笑)
AK002 AK003


続きはロケ編で♪

YUKO

tag : AK 陳奕 沈建宏 Dorian SC Japan

Peter&AK 日本初ライブ!!
ピーターとAKが日本で初のSPECIAL LIVEを開催!

私たちファンが待ちに待った日本初ライブです♪
歌手としてのPeterとAKを思う存分楽しめるチャンス!
そして、日本初のLIVEのあとには、ファンと思う存分交流できるアフターパーティーも。

ピーター、AKからのメッセージ♪


『SPECIAL LIVE in JAPAN』&『PREMIUM AFTER PARTY』の詳細は Dorian SC Japan で。

ドラマ『三国志』
ピーター出演の中国ドラマ「三国志」
ドラマ 『泡沫之夏』
ピーター念願の初プロデュースドラマ。
バービィー・スー、黄暁明、ピーター主演の主演で、台湾・中国・香港で大好評です!


[預告]民視泡沫之夏@命運篇(長版)


泡沫之夏主題歌 我記得我愛過MV (歌:ピーター・ホー)

アジア・ポップス・フェスティバル
2010年2月14日に新潟で開催された「アジア・ポップス・フェスティバルin新潟」コンサートにピーターとAKが出演しました。
20100224011414dee.jpg

コンサートレポートはこちら。
ピーターへの 『愛情手冊』♪
2010年2月の「アジア・ポップス・フェスティバル」で来日したピーター。
私たちからの「愛情手冊」を渡しました。「ソフィーの復讐」の感想や映画やドラマの好きなシーン、ピーターに演じてほしい役などを、『ソフィの復讐』に出てくる思い出箱の坊やのメモのようにペタペタ貼って「愛情手冊」にまとめて渡しました。

詳細はこちらをご覧ください!
最新記事
最新コメント
カテゴリ
about us

NPNL

Author:NPNL
ピーター・ホーのファンによる
NPNLの会
(''No Peter, No life!!''の会)

皆さんご一緒に
ピーターを応援しませんか!

2009年9月のピーター来日にあわせ企画を計画しました。
「企画!」カテゴリの「プレゼント企画」をご覧ください♪

メールはこちら
nopeternolife@live.jp

プリクラ企画!!
2009年9月のピーターのバースディ来日。

日本で初めてバースディを迎えてくれるピーターに♪ ファンのみんなの愛がひとつになるプレゼント企画!
「ピーターをプリクラで埋め尽くそう♪」
を計画しました。

多くのファンの方々の気持ちがピーターに届いたと思います。 企画カテゴリの報告記事をご覧下さい。
about Peter
ピーター・ホー
(Peter Ho/何潤東)

1975年9月13日生まれ
俳優・歌手として中国・台湾を中心に活躍。日本においても以前から映画等に出演、08年にはNHK土曜ドラマ『上海タイフーン』 に主演。
デビュー10周年の一昨年は自らプロデュースするドラマ「泡沫之夏」制作、チャン・ツィイー製作映画「非常完美」(邦題:ソフィーの復讐)出演。
昨年は、呂布を演じた大陸ドラマ「三国」放映、「泡沫之夏」台湾・中国での放映開始、ニューアルバム「我記得我愛過」発売など・・・大活躍中♪


ニューアルバム『我記得我愛過』
2010年6月23日発売 32071_129470750416171_123606621002584_228450_1603505_n.jpg
AKも応援しています
Peterの弟分、AK。
Andy(陳奕)
Kris(沈建宏)
の2人によるユニット。
2月の「アジアポップスフェスティバルin新潟」出演に続き、5月15日に台湾で初ライブを成功させました。
ライブレポはこちら
57941_150213101676749_113086892056037_314577_500868_n.jpg
AK写真集
『AK東京線上(Tokyo On Line)』
リンク


カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
携帯でもチェック!
QRコード
RSSリンクの表示
Attention
当ブログ内に掲載されているすべての文章及び画像の、執筆者及び撮影者以外の無断転載・転用を禁止します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。